2012年3月26日月曜日

最近の輸出について

皆様、こんばんわ。

輸出も手掛けている小田石油ですが、約4年前からこの事業を始めています。紆余曲折ありながら、ようやく事業になりつつある状況です。

2月以降から貿易が盛んになり、今月は円安も重なり、かなりの台数が、港に入っています。当社も他の業者と同様に、貿易の取引が毎日成立しています。

明日も数十台の仕入れを行う予定です。
当社が輸出している向け地は、ニュージーランドとアフリカです。アフリカと言っても沢山の国がありますが、タンザニア、ケニア、ウガンダ、ブルンジ、コンゴ民主共和国、ザンビア、モザンビーク、ナミビア、etcとあります。

最近では、ザンビア出身のKennyが当社の仕事を行うようになり、彼が積極果敢に営業をしており、アフリカ向けは、彼に一存しています。本日も3台成約しました。

明日も彼と一緒にTAAのオークション会場へ伺い、CAA、JUなどの会場も同時オークションに参加して、数十台を落札することになるでしょう。

貿易は、基本的に現金取引なので、非常に先金が必要です。お金が無いとなかなかできない商売です。当初は、安い桁車を購入して、貿易のノウハウを独学で勉強してました。何せ、誰も教えてくれないので、仕方がありません。

それから、数年経って、ようやく定期的に購入していただけるバイヤーと取引が成立して、今に至ります。

今では、週に4日(火曜日、水曜日、木曜日、土曜日)に開催されるオークションに参加しています。
一日に落札する台数は、0台の時もあれば、15台落札することもあります。
単純に1台10万円としても、150万円必要です。これが、40万円となると600万円必要です。

落札できる日に限って多くの車両を仕入れしてしまいます。それでも、在庫になるのは、ほんの僅かなので、ほとんど売れていきますので、今は凄く楽になりました。

そんな分けで、明日は何台落札することになるのか?
ニュージーランド向けで本日2台注文がありました。BMWのMINIとカムリです。結構高い金額です。
国内の業者さんへも電話して、なんとか早く仕入れしたいので、相手の要望に迅速に応えることが必要となりますので、いつもアンテナを張っています。

とにかく、明日も頑張ってきます。

小田精彰

0 件のコメント:

コメントを投稿