2014年11月26日水曜日

買取及び下取車を高く売る方法 その2?

現在、当社は買取業として「日本中古車買取査定センター 京都本部」を運営しております。

お陰さまで、個人のお客様から法人のお客様まで査定依頼があります。

高く売るコツっていうのは、結構難しい。

どうしてか? 相場っていうのがあるので、難しいのです。

先日、現在の業者オークションで成約される40%が輸出されると聞きました。

しかし、私はもっとあるのではないかと考えます。

国内需要は、やはり冷え込んでいるように感じます。

では、愛車を高く売るにはどうすればいいのか?

売る時期にもよります。この売る時期については、またのちほど説明させていただきます。

今回は、車単体以外のものを取り上げたいと思います。

新車には、必ず新車保証書・取扱説明書が車にあります。

この新車保証書には、販売店のゴム印が捺印されているかどうかが大事です。

また、取扱説明書は、最近の車にはナビゲーションが標準装備されていることもあります。

よって、取扱説明書の他にナビの取扱説明書があるかどうかもポイントが付きます。

当社では、これらの他に注意してプラスポイントしているのが、点検整備記録簿です。

これが、ディーラーで整備されているかどうかを確認しています。

点検記録簿が新車時または購入時から揃っていればプラスポイントとして査定しています。

まとめます

・新車保証書(販売店の印があるもの)
・取扱説明書
・ナビの取扱説明書
・点検整備記録簿

この他にもプラス査定しているのもありますが、もし売却をお考えの方がいらっしゃいましたら、この点にも注意して買取店や販売店に告げてみてください。

0 件のコメント:

コメントを投稿