2018年4月25日水曜日

貴重な経験をしました。内閣総理大臣主催の桜を見る会に出席

ご縁があり、1917年から続いているとても歴史ある内閣総理大臣主催の桜を見る会に出席してきました。

テレビなどのメディアで報道されているので、出席することを凄いって言われます。

しかし、今回参加した人数は、17,200人と発表され、そんなに多くの方が行っているの?って感じます。

ただ、誰でもが行けるのではなく、枠に応募して、招待状を受け取らないと入れません。

桜を見る会自体初参加だったので、どんなプログラムか全くわかりませんでした。

開催時間は、8時30分から10時30分まで

毎年、新宿御苑で開催されているようです。

今年の桜は3月末に満開になり、集まった場所の桜は何もありません。葉桜だけでした(笑)

朝が早い為、前日入りしてホテル(カプセルホテル)から歩いていきました。

駅から参加者だろうなぁって思われる方々の後ろをついて行くと入門場所へ到着。

たくさんの人だかりができていました。

各ジャンルでの著名人が整列されてましたが、流石に米粒ぐらいしか見えないので、誰なのかが判断できない。

しかも、直立不動で立ちっぱなしだったので、足と腰が疲れて、最後まで楽しむことはできませんでした。

でも、貴重な経験をさせていただいたので、感謝しかございません。ただ、二度目はないと思います(笑)










0 件のコメント:

コメントを投稿